Background Image

タイ語の「ไป pai 」の様々な使い方

タイ語の「ไป pai 」の様々な使い方

Saori Saori | Publish on 18 July, 2017

ไป (pai) の一番よく使われる意味は「行く」という意味です。例えば、”พรุ่งนี้จะไปกรุงเทพ phrûng-níi chăn jà pai krung thêp” というと 明日バンコクに行くという意味になります。しかし、実は ไป (pai) は「行く」だけでなく、ほかの意味にも使われます。


1.「~し過ぎる」という意味を表します。

表現パターン  動詞+มากเกินไป mâak koen pai

มาก mâak はたくさんという意味で、เกิน koen は過ぎるという意味です。この ไป pai には行くという意味ではなく、オーバーになったり変更があったりという意味です。そうすると、มากเกินไป mâak koen pai は~し過ぎるという意味になります。「動詞+มากไป mâak pai」と省略する場合もあります。

例:
การออกกำลังกายเป็นเรื่องที่ดี แต่กลับกันถ้าออกกำลังกายมากไปก็ไม่ดีต่อสุขภาพนะ
kaan àwk kam-lang kaai pen rêuang thîi dii · tàe klàp kan thâa àwk kam-lang kaai mâak pai kâw mâi dii tàw sùk-khà-phâap ná
運動するのはいいですが、逆に運動しすぎたら、健康に悪くなりますよ。

また、形容詞+過ぎるの場合は「形容詞+มากเกินไป mâak koen pai」といいます。形容詞の場合はタイ人ではよくมากเกิน mâak koenを省略して「形容詞+ไป pai」という人も多いです。

例:
寒すぎて寝られない。
หนาวไปจนนอนไม่ได้
năao pai jon nawn mâi dâai

2. 「ไป pai」は継続という意味も表します。これは下記の言葉でのみ使用されます。

-「ต่อไป tàw pai」名詞+ต่อไป tàw pai は次の~という意味もありますが、ต่อ tàw は続けるという意味で、ไป paiは継続を表します。動詞+ต่อไป tàw paiの場合は動詞し続けるという意味になります。

例:
สถานีต่อไป sà-thă nii tàw pai 次の駅
ทำต่อไป  tham tàw pai し続ける

-「เรื่อยๆไป rêuay rêuay pai 」 継続していくという意味です。続いて行われる動作、作用を表します。動詞+เรื่อยๆไป rêuay rêuay pai は~し続ける(終りなく継続していく)また、動詞+ไปเรื่อยๆ pai rêuay rêuay を使う場合もあります。

例:
เดินไปเรื่อยๆ ก็จะเห็นวิวทะเล
doen pai rêuay rêuay kâw jà hĕn wiw thá-leh
歩き続けたら、海の景色が見えますよ。

3. 「ไป pai」は完全、終了という意味も表します。終わってしまった動作や結果として動作がもう継続していないさまを表します。

例:
ละครเรื่องโปรดของฉันจบไปแล้ว
lá-khawn rêuang pròt khăwng chăn jòp pai láeo
好きなドラマがもう終わりました。

例:
คุณครูอธิบายเรื่องนี้เสร็จไปแล้ว
khun-ná-khru a-thí-baai rêuang níi sèt pai láeo
先生はこのことを説明し終わりました。

4. 「動詞 1 しながら動詞 2 をする」という表現は、タイ語で「動詞 1 ไป pai 動詞 2 ไป pai」になります。同時に異なる動作をすることを表します。

例:
กินข้าวไปดูทีวีไป
kin khâao pai du thii wii pai
ご飯を食べながらテレビを見ます。

Copyright © 2008-2017 www.japanese2thai.com All rights reserved.